スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
でっかいあのコ…
2008 / 12 / 20 ( Sat ) 21:43:38
ママとね、
ブーンでお出かけ。
せんせいのところだよ。

年末なのに…

きょうはね、
知らないコがたくさん。
ぷりんはドキドキ。

こんなことしてていいのだろうか…

それにね、
あのコは大きかったよ。
こわくていっぱい
ワンワンしちゃった。

ねえママ、
ぷりんもはやく
あんなに大きく
なりたいな


-ママより-
このところ、トレーニングが
月1ペースになってきていますが、
それでも細々と続けています。

さて、今回は風邪とともに赴任先から
戻ってきた夫は、見捨てて養生のため
家で寝ていてもらって、私一人で
訓練士さんのグランドへ。

いつもグランドには数頭のワンコ。
ほとんどが初対面のコです。

ぷりんは相変わらずテリトリー内に
入ってくるワンコには吠えまくり。

他のコの訓練時、慣れさせる練習で、
わざと人やワンコに近づける時も
「ぷりんちゃんの近くは避けてください、
怖がりますから」と、訓練士さんは
飼い主さんにおっしゃってくださいます。

私はついつい、「吠えまくる」とか
「ケンカを売っている」と、表現して
しまいますが、訓練士さんは
「怖がる」と言ってくださいます。

そう、ぷりんが吠えるのは、
「怖いから来ないで!」の
サインなのです。

もしも訓練士さんに「吠える」とか「怒る」
とか言われても、それはきっと聞き流して
いたと思いますが、「怖がる」と表現して
いただいたことで、忘れていた
ぷりんが吠える気持ちをちょっと
思い出したママなのです


オロチに飲み込まれるのが
どんどん好きになっていく
張り切りぷりんにポチッとね!
ポチっとね

大迫力で格好よかった
ホワイトシェパードさんに
ポチッとね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

コメント欄、お休みします。
ごめんなさいね~
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

トレーニング TB:0 admin page top↑
オロチのおなか♪
2008 / 11 / 27 ( Thu ) 21:12:44
はじめに…
<ご協力のお願い>
広島市西区でヨーキーのエメちゃんが
10月末にいなくなってしまいました。
詳細はコチラ
小さな情報でも構いませんので
お心当たりの方はご連絡ください。
ご協力、よろしくお願いいたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


ママとパパとね、
先生のところに行ったよ。

鼻の穴の入り口のデキモノは

オヤツをたくさんもらえるから
ここは大好きだよ。

乾いてカサカサになってきました(涙)

ねえママ、
ぷりんはたくさん
がんばったよね。
おうちにかえったら
いっぱいよしよし
してもらえるといいな


-ママより-
少し間が空きましたが、
3回目になるグラウンドでの
訓練に行ってきました。

ぷりんはよく覚えているらしく、
ここへ来ると優等生になります。

一時期は反抗的な態度で
なかなかできなかったオスワリも
とてもいい表情でこなします。

途中、息抜きしながらの
リーダーウォークでは、
小走りにトンネルの横を
駆け抜ける私を見ながら、
何を間違ったのか、
ぷりんはそのまま大きく開いた
ヤマタノオロチの口の中へ突入。

前々回、たった2mくらいの長さの
あっちが見える真っ直ぐなトンネルが
コワくて入れなかったぷりん。

ビックリする私の声を頼りに、
慌てて反対側の口から
飛び出してきました。

ここで訓練士さんが、
「次は前まで行って、ハウスの
号令で入らせましょう」と提案。

先ほどと同じように走って行き、
「ハウス」のコマンド。

躊躇したぷりんですが、
思い切ったように中へ。

このときはロングリードが中で
こすれてヒュルヒュルと鳴る音が
コワかったようで、ビビりながら
でしたが、ちゃんと反対側から
出てきました。

この後も数回「ハウス!」で
意を決してヤマタノオロチの
口の中に飲み込まれるぷりん。
呼びかける私の声を頼りに
反対側から勢いよく飛び出します。

難関だと思っていたトンネルが
意外とあっさり克服できたことに
ちょっと拍子抜けしながら、
シーソーやトンガリ屋根は
きっとこんな簡単にできるようには
ならないだろうな、とちょっと
心配になるママなのです


またネタが詰まってきて
あせり気味のママに
ポチッとね!
ポチっとね

訓練所の顔と裏の顔、
上手に使い分ける
スケバンぷりんに
ポチッとね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

トレーニング TB:0 CM:18 admin page top↑
こうえんがっこう♪
2008 / 10 / 30 ( Thu ) 21:50:35
ママとね、
ポクポクのおさんぽ。

末っ子と冷戦

ついたところは
いつものこうえん。

彼とぶつかるのがイヤで

でもね、
たくさんの人、
たくさんのワンコ。

高校で寮に入れたのに

いつもとちょっと
ちがっていたよ。

大学生になっても

ねえママ、
みんな、何しているの?
ぷりんはあそこには
行かなくていいよね?


まだ反抗期で困る…

-ママより-
今、お世話になっている訓練士さんと
出会うきっかけになった団地内での
わんわんしつけ教室。
昨年に引き続き今年も開催です。

時折、雨が降る寒いお天気の中、
集まったワンちゃんは約20頭。

ぷりんと私は去年参加し、
今現在も訓練を続けているので、
今回は参加せず、見学だけ。

年に一度のイベント、
参加費は1000円。
集まっての訓練教室なので
内容は基本中の基本から。

まず一番大切な
「呼んで来させる」練習。

オヤツを使ってもいいので、
前まで呼び寄せオスワリさせたら、
次のポイントはアイコンタクト。

このときにワンコの目を
覗き込むように上体を前に
傾ける必要はありません。

自然に立って
目が合わせられるように。

目が合ったタイミングで
褒めとオヤツです。

もう少しレベルアップが
できそうなら、オスワリと
アイコンタクトの時間を
少しでも長く取るように。

今のぷりんはもう少し長く
オヤツをもらった後も
オスワリの体勢が持続
できるようになりました。

ここまでいくと、ワンコの目的が
オヤツをもらうことだけではなく、
アクションを起こすには飼い主の
コマンドが必要だと、少し理解
できてくるようです。

出来るとはいっても、ぷりんも
その日の集中力によって
ダメダメな日も大いにありますが。

次の大きな課題は
誰しもが悩んでいる
脚側歩行。

これは訓練士さんによっても
指導の方法が異なりますが、
この訓練士さんはリードショック。

一瞬、リードを引くことで
こちらに注意を向けさせ、
顔が上がれば褒めます。

脚側歩行はとても難しく
今日の明日できることでは
ありませんが、1年間の
コツコツで、ぷりんもなんとか
引っ張らずにお散歩が
できるようになりました。

が、まだ他のワンコがいたり、
ニャンコを追いかけようとしたり、
私のか細い腕が抜けそうになる
こともやってくれます。

リードがピンと張ると
ワンコは強気になります。

なぜならリードが張っている
のはもう片方で飼い主さんが
引っ張ってくれているからだ、
とワンコは理解するから。

そうなると飼い主を傘にきて、
「そこどけそこどけ~」で
どんどん突き進む。

飼い主は一生懸命
引っ張り返す。
これが悪循環になります。

引っ張り始めたら、
飼い主は方向を変える、
あるいは立ち止まって
歩くのをやめる。
これだけでも時間を
かければ効果が出ます。

とにかく毎日の繰り返し。

ぷりんも今でも家を出た直後は
嬉しさと興奮で引っ張ったり
道行く人に吠えたり。

上手に出来る日、
ぜんぜんダメな日、
いろいろありますが、
きっと少しずつ上手に
出来る日が増えていきます。

いつも訓練士さんが
強調されるのは「褒めること」。
たくさん褒めて気分よく
訓練を進めることが大切です。

もうすっかり大人で、今まで
自分ペースのグイグイ散歩
だったコが、急にリードショックを
かけられ、服従を強いられると、
たまには逆ギレする例も。

そんなコには特に上手に
褒めとオヤツを使ってくださいと
訓練士さんはおっしゃってました。

この2つの指導の後は、
個別の相談。
やはり吠えに関しての
相談が多かったようです。

約1時間半、ぷりんは「わりと」
お利口に私の足元で立ったり
すわったり。

でもやっぱり近くを他のワンコが
通り過ぎるだけで「近くに来るな!」
とばかり、吠え掛かり、去年から
あんまり成長してないなぁと
ちょっと悲しくなるママなのです


たまには初心に帰れる
いい機会をもらったママに
ポチッとね!
ポチっとね

長い文章、読んでくださった
優しいあなた、
最後にポチッとよろしくね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

トレーニング TB:0 CM:22 admin page top↑
ドキドキくんれん
2008 / 10 / 24 ( Fri ) 23:04:58
ママとパパとね
ブーンでお出かけ。

長男が湯布院に社員旅行

ついたところは
ワンコのニオイ。
いつもおうちにくる
せんせいもいたよ。

最近は経費削減が大流行だけれど

たくさんオスワリ、
たくさんマテ。
がんばったから
たくさんオヤツ。

社員旅行があるのはめずらしい

ねえママ、
ここはワンコが
いっぱいで
ちょっとドキドキ。
でもヨシヨシで
ぷりんはもっと
がんばれるよ


-ママより-
今までは我が家に来ていただき、
近所の公園での出張訓練だったのですが、
ぷりんが車にも酔わなくなったので、
訓練士さんのグランドで訓練を受けることに。

少し前、違う訓練所へ見学に行ったのですが、
結局、一年前からお世話になっていて、
ぷりんのことをよく知ってくださっている
今の訓練士さんに引き続きお願い
することにしました。

さて場所は変わっても内容は同じ。
私から離れて落ち着く訓練と、
今回からは夫も一緒に行ったので
夫と一緒に静かに待つ訓練。

いつも訓練は私とぷりんだけだったので
訓練士さんから指導していただくのは
初めての夫。

ほめるタイミング、ごほうびのタイミング、
細かく教えていただけました。

一緒に行動することが増えると、
夫にも知っていてもらいたいな、と
思うことが多かった最近。

ぷりんと夫の関係を築きあげるにも
とてもいい機会になりそうです。

最後に少しだけトンネルにチャレンジ。
片側から訓練士さんがぷりんを押し込み、
反対側から私がご褒美を持って呼びます。

何度か戻って行ってしまったものの、
数回繰り返すうちに一気に
走り抜けられるように。

でもトンネルを少しでも長くしたり、
カーブさせて向こうが見えなくなると
もう入らないぷりん。

いろんな面で前途が多難で
あることを改めて思い知る
ママなのです

 
知らないところでも頑張ったぷりんに
ポチッとね!
ポチっとね

ぷりんが夫と待っていられるようになると
私の自由時間が増えるわ、と喜んでいるママに
ポチッとね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

トレーニング TB:0 admin page top↑
オスワリがんばるよ♪
2008 / 07 / 31 ( Thu ) 22:14:20
ワンコのニオイの
お兄さんがきたよ。

夏休みになり

こうえんに行って
なんどもなんども
同じところをクルクル。
それから
なんどもなんども
同じところでオスワリ。

次男が散歩に行けることに

ぷりんは
「もうイヤだ!」って
ママを引っぱって
ふんばっちゃったよ。

あんまりラクをすると

でもね、
今日のママは
ぷりんの言うことは
聞いてくれなかったよ。

後がしんどいから

ねえママ、
いじわるママに
なっちゃったのかって
ぷりんはちょっと
心配しちゃった。

でもね、
よしよしのときは
いつものように
やさしくて安心したよ


-ママより-(長いです)
土曜日の初めての訓練に続き、
日曜日はいつもの訓練士さんに
来ていただく出張訓練でした。

前回、意地を張ったかのように
オスワリもしない、アイコンタクトも
取らないぷりんに驚かれた訓練士さん。

新しい方法でオスワリの練習です。

明らかにオスワリがわかっていて、
わざとやらないぷりん、ご褒美の
オヤツは手に持たず、ひたすら
オスワリのコマンドに従う訓練です。

普通の方法ではぷりんも頑固に
なかなかお尻を下げないので、
まずはチェーンカラーの巻き方を
変えるところから。

今までは首輪の来る場所に
普通につけていたのですが、
今回はアゴに近く、耳のすぐ
後ろ側を通るくらいのかなり上。

これでリードをたるまさず上から
吊り下げるような感じで、ぷりんの
顔を下げさせないように持ちます。

ベンチの前で直径3メートルほどの
円を描きながら歩き、ベンチの前へ
来たところでオスワリ。

ベンチと私の間に挟むようにして
ぷりんを座らせます。
挟むことによってクルリと向きを
変えることを防ぎ、まっすぐ前を
向いたまますっと腰を落とすように
仕向けます。

最初の数回は今までと同じく、
視線をはずしたり、姿勢を変えようと
したりして素直に座らないぷりん。

でもベンチと私の間には
ぷりんのスペースしかないので
向きを変えられず、おまけに
吊られるように持ったリードで
上から合図を送ることよって、
私の意志が頭に伝わるらしく、
次第にオスワリをする回数が
増えていきます。

でも「あ、いい調子」と思った途端、
ベンチの手前(オスワリポイント)で
崩れるようにへたり込むぷりん。
振り向くと、すがるような目で
こちらを見ています。

思わず私は「え?どうしたの?
体調が悪くなったの?」とビックリして
訓練士さんに目を向けると、
「止まらずに続けてください」と一言。

聞けば、これはストライキの一種で
「もう同じことやりたくない」のサイン。
ここで私が立ち止まってしまっては、
今までできるようになったオスワリは
おろか、信頼関係まで崩れてしまい
かねません。

「あなたがやりたくないって言っても
リーダーである私がやりなさいって
言ってるの!」と強い気持ちで、
決めた回数、決めた状態になるまで
きちんと貫徹させること、大切なのは
固い気持ちです。

その後も数回、ベンチ手前で
ストライキをしたぷりんでしたが、
そのうち表情も柔らかく、反抗的な
目の色も薄れていきます。

こうなればベンチで挟まなくても
どこでも「オスワリ」のコマンドで
すっと腰が落ちます。

たった数十分の訓練でしたが、
あんなにかたくなにやらなかった
オスワリができるようになり、
これはオスワリという行動が
できただけではなく、私に対する
挑戦的な気持ちが薄らいだとも
いえるのです。

その後も毎日のお散歩で
続けているオスワリ。

おとといのお散歩では、
私たちがいた公園に、後から
入ってこようとしたワンコに
毎度のことながら吠えていこうと
するぷりんのリードを引き、
即座にオスワリのコマンド。

今までなら興奮して私の声が届かない
ぷりんですが、一瞬こちらに目を向け、
ためらいながらも腰を落とします。

その後も、数度は立ち上がりましたが、
そのたびに出すコマンドで、すっとオスワリし、
吠える回数も格段に少なくなりました。

このときはたまたまお利口だったのか、
オスワリと同時に私のコマンドにも
耳を貸せるようになったのかは、これから
様子を見ていかなくてはいけませんが、
「やれば出来るんじゃない!」という
私の嬉しい気持ちをぷりんに伝えながら
たまには落ち込み、たまには舞い上がって
この先もコツコツ訓練を積んでいこうと
思っているママなのです



今日のおまけ…
なんて、格好よく、まるで何の問題もなく
進んでいるかのような訓練ですが、
訓練前日の土曜日、そう、カフェと
アジリティのグランドへお出かけをした夜、
また事件が起こりました。

ほどほどに息抜きさせてもらおう

長くなるので続きからどうぞ…


続きへ行く前に
ポチッと一押しで
コーヒーブレイク♪
ポチっとね

一回の週末だけで
どんだけ事件が起きてるの?
って気になるあなたはポチッとね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
続きを読む

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

トレーニング TB:0 CM:32 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。