スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
保護センターへ
2006 / 06 / 30 ( Fri ) 21:21:44
今日かじられていた封便物

          今日かじられていた郵便物↑

「子犬の捨てられていたのがペットショップで保護されているよ」と私に教えてくださったのは上司でした。
車で1時間ほどの所なのですが、途中に愛護センターもあり、両方行ってみようと、次男と雪の降りしきる中、車を走らせました。
ところが土曜日だったので、愛護センターは休館。電話を掛けても誰も出る気配がありません。
先日のテレビの特集では「たくさんのワンちゃんが引き取り手を待っています」と言っていたのに、ただのきれい事だったのでしょうか?
週末に開放すれば、もっとたくさんの人が訪れることができるのに。
おまけに「どんな犬がいるんだろう」とワクワクしていた息子はふてくされてしまい、テンションの下がった気持ちでペットショップへ向かったのでした。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ママのほっと一息 TB:0 CM:2 admin page top↑
ダレだ?
2006 / 06 / 29 ( Thu ) 22:22:26
IMG_1010.jpg

うちにはもう一人ナゾのお兄ちゃんがいるよ。
ナゾのお兄ちゃんは、あんまり遊んではくれないけど、
わたしをケージから出してくれるし、ウンチもとってくれる。
時々、おやつもくれるんだ。
ママも翔兄ちゃんもいなくなって、さみしいなぁと思っていると、
いつもどこかからやってくるよ。
あのお兄ちゃんは、どこからやってくるんだろう・・・

-ママより-
我が家には翔兄ちゃんの上に、もう一人お兄ちゃんがいます。
彼は小学生の時にかわいがっていたハムスターが、死んでしまった悲しみがまだ癒えておらず、「動物を飼うのは反対」といまだに言っています。
でも私も翔兄ちゃんも帰りが遅くなるときなどは、ケージから出してくれたり、頼めばエサもやってくれます。
ぷりんとはクールな付き合いをしているので、ぷりんも私のように大暴れせずに、「開けてもらえればラッキー☆」と考えているような感じでおとなしくケージの中で待っているようです。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと TB:0 CM:0 admin page top↑
ワンコ探し その後
2006 / 06 / 27 ( Tue ) 20:44:02
その2年後、つまり今年の初め、犬を可愛がるなんて無縁のような顔をして生活をしていた次男が、突然「犬がほしい」と言い出しました。
またまた私の頭の中はセレブな犬生活でいっぱいになってしまったのですが、以前ペットショップ回りをした際、値段に仰天すると同時に、「この子たちは私が買わなくても、みんなちゃんと行き先ができる子達なんだ」という思いが頭をかすめ、一人ぼっちでショーケースに入れられた小さな命の売買に躊躇が生まれたのです。
同時期に愛護センターの特集をテレビで見たり、里親ボランティアをされている方の話を聞く機会があり、行き先のないかわいそうな犬たちがたくさんいる事も知りました。そして・・・

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ママのほっと一息 TB:0 CM:0 admin page top↑
ワンコ探し
2006 / 06 / 26 ( Mon ) 20:08:36
お待たせしました。
前回の「ママのほっと一息」の続きです。

初めて本格的に犬を飼う覚悟でペットショップ回りを始めたのは、3年前でした。
我が家の三男が中学生のころ「犬がほしい」と言い出したのです。
幼いころから「犬のいる生活」にあこがれつづけていた私は、「きちんと責任もって世話ができるなら」と口では息子に責任を押し付けつつ、渡りに船とばかり、犬探しに協力しました。ところが息子の希望高校が部活の関係で市外になり、寮生活をしなくてはならなくなり、息子は「面倒を見ることができないから、犬は我慢する」と潔く諦めたのです。

次回に続く・・・

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ママのほっと一息 TB:0 CM:2 admin page top↑
おともだち
2006 / 06 / 25 ( Sun ) 12:35:34
IMG_1005.jpg

昨日、ママが新しいおともだちをつれて帰ってきたの。
赤くて丸くてたくさんお話してくれるんだよ。

前から一緒だったおともだちは、近ごろおしゃべりしてくれなくなったんだよ。
どうしておしゃべりしてくれないのか、わからなかったから、お耳にたくさんお話してみたけど、やっぱりぜんぜんおしゃべりしてくれないんだ。

新しいおともだちはたくさん上手におしゃべりができるから、お留守番も退屈しないでできるかな?

-ママより-
左側は先代のプーちゃんです。
押さえたらプーと鳴るおもちゃです。
最初は上手に鳴らせませんでしたが、上手くカミカミしながら「プープー」と散々遊んでいるうちに、とうとう壊れて「スカスカ」としか鳴らなくなってしまいました。今では「スカちゃん」と呼ばれています。
ちなみに耳はダックスのように長かったのですが、気が付いたら、ほとんどぷりんのお腹のなかに収められていました。
2代目「プーちゃん」は確か袋には「イチゴの形の・・・」と書いてあったのですが、一日遊んだ後、なぜか「そばかすのあるトマト」にしか見えなくなっていました(^▽^;)

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと TB:0 CM:2 admin page top↑
びしょびしょ
2006 / 06 / 25 ( Sun ) 12:03:23
IMG_0005.jpg

また、ママの匂いのする箱に乗って、ブーンってお出かけしたよ。
なんだかたくさんのお友達の匂いのするところへ着いたよ。

おヒゲのおじさんや、お姉さんたちがいて、おおきなタブに入れられたの。
それからママと翔兄ちゃんが、私を一生懸命おさえて、ジャーって雨が降ってきたよ。
わたしはビショビショがだいっキライ。
だからいっしょうけんめい、逃げようとしたのに、ママが放してくれないから、こわくて、プルプルふるえてたんだ。
でもシャカシャカしてもらうのは気持ちよかったよ。
とってもいい匂いもしたしね。
ペロペロしてみたら、おいしくなかったけど。

もういっかいジャーって雨が降ってきて、お腹も背中もゴシゴシされて、やっと終わったって安心してたのに、次はゴーッがおそってきたの。
なんにも見えないのにゴーって音といっしょに、風がいっぱい向かってくるんだよ。
ゴーッは見えなかったから、さっきのジャーっていうのより、もっとこわかったんだ。
でもママと翔兄ちゃんが、ちゃんと私によしよししてくれたから、私もがんばったよ。

いい子にしてたから、帰りにヒゲのおじさんがクッキーをくれたんだ。
クッキーはおいしくてうれしかったけど、やっぱりもう行きたくないなあ。

-ママより-
ぷりんは水を怖がります。雨の散歩も大嫌いです。
が、シャンプーだけはなんとか慣らせないと、どんどんクサくなっていくので、セルフシャンプーに行ってきました。
初めてだったのでお姉さんが丁寧に指導してくださいました。
お尻も別料金ですが絞ってもらえます。
ずーっと震えてはいましたが、大して暴れもせず、諦めの境地でシャンプーさせてくれました。
その後のドライヤーが大変で、店長お手製の「ケージにカバーをかけたドライヤー箱?」を貸していただき、なんとか無事に済ませることができました。
ぷりんも疲れたようで、帰った後はドターっとお昼寝でした。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと TB:0 CM:0 admin page top↑
おすまし
2006 / 06 / 25 ( Sun ) 11:10:32
IMG_0025.jpg

翔兄ちゃんが、私に向かっていっしょうけんめい「#%*〃×∞§!」ってお話して、お尻ペタンするとおやつをくれるんだよ。
私はなんだかわからないけど、お尻ペタンしたらおやつがもらえるから、たくさんしたよ。
そうしたら今度は「£⊃∽∫†!」って言いながら、前足をギュってしてくれたんだ。
ちょっと違うことを言いながら、どっちの前足もギュってしたよ。
またまた、たくさんおやつをもらえたのでうれしかったな。

おすまし顔も覚えたよ。
ママがトントンサクサクしているときに、邪魔にならないように、
横でお尻ペタンして、おすまし顔でキラキラお目めでママを見ていたら、いつもママはおいしいものをくれるんだ。
ときどきニガいものもあるけれど、とろとろしたもの、ほくほくしたもの、こりこりしたもの、いろんなおいしいものがあるよ。
いつも誰にも取られないように、秘密基地に持っていって食べるんだよ。

-ママより-
ぷりんは「いやしん坊」で本当に何でも食べます。
キッチンでまな板と包丁を準備する音を聞きつけて、走ってやってきます。
足元でお座りをしながら、一番いい顔をしてキラキラした目で見上げます。
私を「何かやらざるを得ない」と追い詰めてくれます。

ねぎ類や、犬には良くないもの以外は、何でも与えます。と言ってもほんの小指の先くらいですが。
ついでがあれば茹でて、アクのなさそうなものは生で。
葉っぱ物、根菜類、レタスなどもサクサクと音をさせながら食べます。
ただ、必ずリビング机の下のせまーい所へ運んで、隠れて食べますが。
誰もそんなの取らないのにね(-ω-;)

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと TB:0 CM:0 admin page top↑
幼い夢
2006 / 06 / 25 ( Sun ) 11:01:06
小さい頃から犬が大好きでした。
かなわぬ願いと知りながら母親に何十回と「犬が欲しい」と訴えたものでした。
結局、犬を飼ってもらうという幼い夢は、かないませんでしたが、犬のいる友人の家を訪ねてはお座りやお手をさせて可愛がっていました。

思い描いていた「犬のいる生活」って・・・
暖炉がある広い部屋で、ロッキングチェアーに揺られながら編み物をしている傍らで、ふせをしている犬・・・という、そこはかとなく暖かみに満ちたセレブなものでした。
このイメージは恥ずかしながら、犬を迎えるまで持っていたものです。

そ・れ・が (>◇< )

-次回につづく-

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ママのほっと一息 TB:0 CM:2 admin page top↑
お散歩練習
2006 / 06 / 25 ( Sun ) 10:57:07
IMG_0009.jpg

お天気の日には、翔兄ちゃんが私にヒモをつけて、お庭に出してくれるよ。
お部屋の中から見ているだけのお庭より、いろんなものがたくさんあるよ。
踏むとサクサク音がするたくさんのはっぱ。噛むとカリカリする木の実。

小さな動くものもいっぱい!
つかまえようとするんだけど、いつも逃げられちゃうんだ。
何かわかんなくて、私もちょっとこわごわだし。
あの柵をこえて、はやく向こう側にもいってみたいな。

いろんなにおいもしてくるよ。木のにおい、土のにおい、風のにおい。
でも一番好きなにおいは、やっぱりママの作るごはんのにおい。

-ママより-
ワクチンも終わり、庭でリードをつけて歩く練習をしました。
でも歩くと言うより、うろちょろうろちょろ、好奇心のかたまりです。
秋に落ちてそのままになっていたドングリ、どこから探してきたのか
豆まきで撒いた豆。何でも口に入れます。
歩く練習よりも、ぷりんの口に手を入れて、掻きだしていた時間のほうが長かったような(-_-;)

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと TB:0 CM:2 admin page top↑
ちっくん
2006 / 06 / 25 ( Sun ) 10:54:21
IMG_1110001.jpg

なんだかよくわからないけれど、ママのにおいのするお部屋に入って、ブーンって動いたよ。
走ったり、飛び跳ねたりしてないのに、おうちや人がどんどん過ぎていくの。
クルクル動いて目が回っちゃて、よだれがたくさん出ちゃった。

見たこともない所でお部屋から出て、知らないおうちに入っていったの。
ちょっとコワいおじさんが出てきて、ママと少しお話をして、高いところに乗せられて、
翔兄ちゃんが抱っこしてくれてると、急に背中がちっくんしたよ。

びっくりしたけど、よくわからなくて静かにしてたらママがたくさんよしよししてくれたよ。
あそこはどこだったんだろうなあ。嫌なにおいがしたから、もう行きたくないな。

-ママより-
2回目のワクチンに行った時の話です。
我が家へ来てから初めて車でのお出かけでした。
動物病院は特有のにおいがして、先生はとてもいい先生なのですが、少し妖怪っぽい感じの先生なのでぷりんはコワかったんじゃないかなって思いました。
犬は痛みには鈍感らしく、注射のときもピクリともせずにじっとしてとてもいい子でいてくれたので、安心でした。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと TB:0 CM:0 admin page top↑
大事件!?
2006 / 06 / 25 ( Sun ) 10:51:07
IMG_0021.jpg

いつもママは帰ってきたら、急いでトントンサクサクを始めるの。

ママの足元には、いい匂いがたくさん詰まっている箱があるんだけど
いつもフタがかぶせてあって、クンクンしかできないんだ。
でも、時々ママがフタを開けたときに、パクってくわえて逃げちゃうよ。

この前、お肉のいい匂いがいっぱいついたのがあったから
パクってくわえて逃げちゃった。
ママは一生懸命、追いかけてきたけど、毎日走り回ってきたえてるから
つかまらなかったよ。
そしたら、ママは大好きな私のご飯を床にまいてくれたよ。
だから急いで、さっきお口に入れたのを飲み込んでから
ママがくれたご飯を食べたんだ。

ママは、なぜかその後「もしもし」をして、翔兄ちゃんが急いでお買い物に行ってまたまた、今まで食べたことのないおいしいものをくれたよ。

今日はたくさんおいしいものが食べられてうれしかったよ。

-ママより-
ゴミ箱を開けて油断した瞬間、スーパーで買ってきたお肉を包んであるラップをくわえて逃げられてしまいました。
大慌てで追いかけ、エサでつろうとばら撒いたのですが、エサを食べるために、さきにラップを飲み込まれてしまいました。
すぐに動物病院に電話をかけ、対処をきいたところ「ふかし芋を食べさせると包まってウンチに出てきますよ」との返答。急いで翔兄ちゃんに八百屋に走らせ、ふかし芋を食べさせました。
でもラップって絶対お尻の穴より大きいし、どうなるんだろう・・・と心配でたまらない3日間を
過ごし、4日目!見事に長っぽそくなったラップがウンチと共にお目見えしました。
腸を通っていくうちに、ちゃんと通りやすい形になっていたようです。
上手くできているからだの仕組みに感動した瞬間でした。
でも、これからはこんな事のないように気をつけなくては(^▽^;)

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと TB:0 CM:0 admin page top↑
本気噛み
2006 / 06 / 25 ( Sun ) 10:46:45
IMG_0017.jpg

わたしはじっとしている事が大嫌い。
ケージの中や抱っこは窮屈だし退屈。
お部屋に出してもらったら楽しいことがたーくさん。

一番にやりたいことはママに噛み付く!
ボールを投げてくれたりするけれど、ボールを追っかけるより
ボールを投げてくれるママのひらひら動く手に飛び掛る方が楽しいよ。
やわらかいし、ママも大きな声で応えてくれる。

次に楽しいのはママの足にくっついてるフワフワのスリッパをやっつけること!
ブンブン振り回したり、床にたたきつけてみたり。
次のチャンピオンベルトは私がもらえるかもね。

もうひとつ、部屋の中で全力疾走も楽しいよ!
あちこちにぶつかったりして、ちょっと障害物競走みたいだけど
むしゃくしゃした時には走るのが一番。
ワンワンオリンピックが開催されたら、出場したいわ。

-ママより-
 約50日で家にやってきてから2ヶ月ほどは、本当に噛み癖がひどく
 傷があざになりやすい私の腕は、まだうっすらと無数の傷跡が
 残っています。噛む度に叱ってみたり、無視してみたり、天罰方式で
 大きな音を出してみたり、ありとあらゆる手段を講じてきたのですが
 「これが良かった!」といえるような決定打は残念ながらありません でした。
 ただダメなことはダメ!と必ず注意するようにしていれば
 5ヶ月にもなれば分別がついてくるようで、「ダメ!」と言われれば
 その場はすごすごとあきらめます。また忘れたころに同じ事をやって くれますけれど・・・
 人間の子供も犬の子供も育てるのは根気が必要ですね。
 我慢と愛情で気長にゆっくり育てていきたいものです。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと TB:0 CM:0 admin page top↑
うんちおしっこ
2006 / 06 / 25 ( Sun ) 10:40:41
IMG_0012.jpg

今のおうちにやってきてから、ママや翔兄ちゃんがお出かけする時、私はいつもケージの中。

新聞やタオルとか、他になんだかふわふわのものが出てくる紙が一緒にケージでお留守番してくれてたから、たくさんカジカジ、びりびりして一人ぼっちでもおりこうに待っていられたよ。

でもうんち、おしっこが我慢できなくておもらししたら、ちょっと遊ぼうかなって思っても踏んづけちゃうの。

早くママたちが帰ってきて、きれいにしてほしいなあって思ったんだ。

それにそんなとき、いつもママたちは帰ってきても私を抱っこして、あちこちフキフキしてからじゃないと下ろしてくれないの。

私は早く広いところで走り回りたいのに、なかなか離してもらえないから、大暴れして、よくママの腕から落っこちたよ。

今はウンチをしても踏んづけないように、少し大きなケージにお引越しさせてくれたから、おもらししてもちょっとだけ安心。

でもやっぱり一人ぼっちのお留守番はつまんないよ。

-ママより-
ケージの中にバスタオルとトイレシーツを入れて留守番をさせていたのですが、ドアを開けた途端のかぐわしい香りには、ずいぶん悩まされました。
でも4ヶ月に入った頃からウンチの時間もある程度決まり、おしっこの間隔も長くなったので楽になりました。
またケージを大きなものに変えたことにより、中でウンチをしても、踏んづけてウンチまみれになっていることがなくなったので、助かりました。
でも正直、ちょっとケージが大きくて邪魔 (~_~;)

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと TB:0 CM:0 admin page top↑
私おてんばぷりんです
2006 / 06 / 24 ( Sat ) 18:27:10
IMG_0016.jpg

はじめまして、ぷりんです。

赤ちゃんの時、兄弟と一緒に捨てられていたのをペットショップで保護されてたの。

噂を聞きつけたママと翔兄ちゃんが引き取りに来てくれて、今のおうちにやって来ました。
話によると翔兄ちゃんの一目ぼれだったらしいわ。

新しくやってきたおうちは楽しそうなものがたーくさん!あれもこれもカジカジがとってもうれしい
毎日だったよ。

でもカジカジする度にママの悲鳴が聞こえてきたり、怖い音のするものが上から降ってきたり不思議な
こともたくさん起こったよ。

ママの服から出ている白くて柔らかくて、ひらひら動くものが一番噛み心地がよかったんだけど、なぜかそれにかじりつくと、いつもママは怒ってどこかへいってしまったの。

でもひらひら動いたらついカジカジしたくなっちゃう。

今は少し我慢ができるようになったけれど、ママや翔兄ちゃんが帰ってきてうれしいときはついカジカジしちゃう。


-ママより-
初めてのワンコ育てで手探りだった毎日をブログにしてみました。
今でもまだまだ新米ママですが次男の翔兄ちゃんと一緒に奮闘しています。
抱っこや束縛が嫌いでとっても扱いにくい暴れん坊ですが、いろんな表情で私たちに癒しをくれます。
そんなぷりんとの格闘の日々を少しずつ日記にしていきたいと思っています。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ぷりんのひとりごと admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。